行事

石神井氷川神社で七五三 よかったと思った理由

石神井氷川神社

七五三でどこの神社へお参りに行くかと言うのはとても悩みますね。

大きい方がご利益がありそうだし、でも小さいところもアットホームな感じでいいかも・・・

なんて考えれば考えるほど分からなくなります。

今回我が家は家から割と近くにある、石神井氷川神社で、長男うさお君の5歳の七五三のお参りをしてきました。

その神社にした理由やそこにして良かったと思った点など、紹介したいと思います。

もしお近くにお住まいで、参拝を考えている方は参考にしてみてください。

石神井氷川神社にした理由


我が家ではうさお君が小さい頃は、何となく大きな神社がいいような気がして、
家からは遠い、超有名どころの神社にお参りに行っていました。

お宮参り ⇒ 川越氷川神社
3歳七五三 ⇒ 大宮氷川神社

神社もりっぱで、写真スポットもいっぱいでそれなりによかったのですが、
何しろ家から遠いんです。

小さな子供を連れてなぜわざわざあんな遠くまで行っていたのか・・・

そして大きな神社には欠点があります。

ご祈祷が流れ作業というか、事務的というか・・・

何十人も一度に行われるので、とりあえず部屋に入れられて、名前を読み上げてもらったね・・・と言う感じ・・・

仕方がないことなんですけどね・・・。

何しろ物凄い人ですから・・・。

そんなこんなで、今回は近くの、そしてそれほど大きくない神社と言うことで探しましたら、
練馬区の石神井公園にある氷川神社がヒットしまして、そこに行くことにしたのです。

石神井氷川神社2

石神井氷川神社のご祈祷がよかった


七五三の祈祷受付は以下のようになっています。

10月 9:00~11:30、 13:00~14:30

11月 9:00~15:00

予約の必要はなく、当日その場で申し込みを行います。

我が家が参加した回には5組の家族が参加していました。

靴を脱いで本殿に入ると、宮司さんが
「七五三のお兄ちゃん、お姉ちゃんは前に出てきて座ってください。」と言って、
ご祈祷を受ける本人たちは前に並んで座り、家族は後ろに適当に座りました。

私はこの時から、「おっ」と思いました。

なぜなら、他の神社では子供を親から離すことはしなかったからです。

でも、ここでは「七五三を迎えるりっぱなお兄ちゃん、お姉ちゃん、あなたたちが主役なんですよ。」と言うような感じで、一人前の扱いをしていました。

そして宮司さんは子供たちに「それでは、正座をして、背筋をピンと伸ばしてください。」と言い、きちんと座らせました。

この宮司さん幼稚園の先生みたいな雰囲気なんです。

子供たちは3歳が2人、5歳が1人、7歳が2人だったのですが、皆りっぱに背筋を伸ばして座っています。

我が子の背中が大きく、眩しく見えました。

そして、宮司さんは子供たちに続けます。

「皆今日は何しにここへ来たのか分かりますか?」

首を傾げる子供たち。

苦笑いする親御さん。

「七五三と言ってね・・・」と言う感じで主役である子供たち中心に話をすすめてくれるんです。

そしてお参りの仕方もレクチャーしてくれて、「おじさんと一緒にやってみよう。」ってちゃんと子供たちにやらせてくれるんです。

最後には「皆がりっぱにお参りできたから、神様からのプレゼントがあるよ。お名前を呼ばれたら、大きな声で返事をして取りに来てね。返事ができない子は貰えないよ。」と言って、
お土産袋を一人ずつ名前を読んで手渡してくれました。

3歳の子たちもりっぱに返事をして取りに行くことができて、一人前扱いされた子供たちは何だか誇らしげでした。

他の神社では部屋を出る際、出口のところで親に名前を確認して手渡されると言った感じでした。

本来主役は子供たちのはずなのに、宮司さんは親に向かって、「本日はおめでとうございます」と言って頭を下げるんですよね。

それが普通で、今までは違和感はなかったのですが、ここでご祈祷をしてもらったら、
他の神社がちょっとおかしいんじゃない?って思いました。

石神井氷川神社の宮司さんは、ちゃんと子供に向き合ってくれるというか、
とにかく「本来こうあるべきだよね!」というようなご祈祷をしてくださいます。

私はこのご祈祷にすっかり感動してしまいましたよ。

流れ作業、無愛想な堅苦しいご祈祷、そんなのはイヤという方は是非行ってみてください。

初穂料とお土産袋の中身


初穂料は5千円以上で納めます。

そして貰えるのが、お土産袋(正式名称は分かりません)です。

中身はこんな物が入っていました。

・絵本
・文房具セット
・お菓子
・お守り

何かこの中身も子供中心に考えて入れてくれているような気がします。

子供は大喜びでしたよ。

余談ですが、初穂料と言えば、私のミスで、ちょっとしたトラブルがありました。

のし袋を前もって購入し、袋に初穂料と名前、住所を入れて、ばっちり用意していったはずだったのですが・・・
出すときに旦那が気付きました。

「名前が違うよ・・・」

えっ・・・?

あっ、本当だ~!

私ったらうさお君の名前ではなく、下の子のうさみちゃんの名前を書いていました。

最近、うさみちゃんの予防注射が続いていたので、うさみちゃんの名前を書く機会が多かったものですから、
何か自動的にうさみちゃんの名前を書いてしまっていました。

なんてこと・・・。

しかし、のし袋の予備なんて持ってきていませんし、どうしよもありません。

仕方なく、二重線で消して、うさお君の名前を脇に書き、
赤面しながら「名前間違えました。」と言って出しましたよ・・・。

皆さんも複数人お子さんがいらっしゃる方は、気を付けてください・・・(赤面)。

七五三 水の前

場所・アクセス


西武池袋線『石神井公園駅』より徒歩16分

西武新宿線上『石神井駅』より徒歩15分

バスは出ていますが、バス停からも、ちょっと歩くところにあります。

大人でしたら、散歩がてら駅から歩くと気持ちいいかもしれませんが、
子供を連れて、しかも着物を着ての移動は大変だと思います。

駅からタクシーか、自家用車で行くのがいいと思います。

専用駐車場が25台分あります。

問い合わせてみたところ、よっぽど忙しいときでないといっぱいにはならないとのことでした。

住所:東京都練馬区石神井台1-18-24
TEL: 03-3997-6032

東京都立石神井公園の南側に位置し、緑豊かなところです。

七五三 水の前

まとめ


石神井氷川神社の宮司さんは子供を一人前に扱ってくれて、
子供中心のご祈祷をあげてくれます。

何の為のご祈祷なのか・・・
誰の為のご祈祷なのか・・・
「本来こうあるべき」というご祈祷をあげてもらいたい方は是非行ってみてください。