おかあさんといっしょ

『こぶたぬきつねこ』配役総入れ替えでどう代わった?猫が腹筋余裕のまことお兄さんで安定

『おかあさんといっしょ』が4月にまやお姉さんに代わり、歌の映像も次々と新バージョンにリニューアルされて話題になっていますね。

『こぶたぬきつねこ』 は代々歌い継がれている曲ですが、「こぶた、たぬき・・・」の歌に合わせて、お兄さんお姉さんが腹筋で起き上がっては下がるというスタイルも近年定着しつつあります。

さて、今回まやお姉さん加入後初の『こぶたぬきつねこ』が放送され、配役が総入れ替えされており、話題になりました。

配役がどのように代わったのか、またそれによりどんな変化があったのか、見ていきたいと思います。

『こぶたぬきつねこ』配役はどのように代わったのか?

早速、新バージョンの配役がどのようになったのか、見てみましょう!

「こぶた」はあづきお姉さん

「こぶた→前髪ありできゃわわなあづちゃん

「軽やかなあづきお姉さんの顔も好き!

あづきお姉さんのこぶためっっちゃ可愛いな!!!!前髪が大勝利し過ぎてる!

あづきお姉さんは前髪を横に流していることが多いので、前髪をおろしていると、ちょっと幼くなって、かわいいんですよね~!

うさこ
うさこ
ま~ 個人的にはどっちもありなんだけどね~!

「たぬき」はまやお姉さん

「たぬき→新人ほやほやの可愛いまやや

まやちたぬき可愛い

「まやお姉さんの声安定してる…腹筋きっと鍛えられてるな

まやお姉さんの腹筋は余裕がありました。

ダンスのうまさは、この腹筋力から来ているのでしょうか?

うさこ
うさこ
このたぬきまやお姉さん、個人的に一番のヒットかもしれない!

「きつね」はゆういちろうお兄さん

「きつね→重めマッシュ(?)のイケメンゆういちろう

「ゆういちろうお兄さん、ちょっと余裕出たね!笑

ゆういちろうお兄さんはこのメンバーの中では、一番腹筋できなそうキャラですよね(笑)。

ビジュアルは今回もバッチリかわいく仕上がってますね!

うさこ
うさこ
そんな腹筋苦手そうなちろ兄が、世のママたちの母性をくすぐるんだよね~。

「ねこ」はまことお兄さん

「ねこ→パーマでイケ散らかしまこと(ニャーオが裏声)」

ねこさん後100回できそうだな

腹筋が苦にならないまこと猫

さすがの腹筋力で、一番余裕そうでしたね。

うさこ
うさこ
何着せても顔小さくて、イケメンだな~。

スポンサーリンク

前回と今回の配役がどう代わった?

さて、前回の『こぶたぬきつねこ』とどのように配役が代わったのか見てみましょう。

体操をセンター 歌をサイドに変更

今回の変更のポイントは、体操のお兄さんお姉さんをセンターに寄せて、歌のお兄さんお姉さんをサイドにしたことですね。

ネットの声
ネットの声
こぶたたぬききつねねこ、体操の兄姉と、歌の兄姉のポジションチェンジして辛くないようになってたな…

それによって、目立つセンター二人の腹筋が安定していていい感じです(笑)。

一番最後の猫をまことお兄さんに変更

猫役は、一番最後に起き上がるので、「ね~こ」と言ったあと、「おっしまい!」と続けて歌わないといけません。

そこで、一番腹筋に余裕のある人がやった方がいいと言うことで、まことお兄さんに猫が回ってきたのではないでしょうか。

前回はゆういちろうお兄さんがやっていて、「最後苦しそう」と言う声が多くありましたので、まことお兄さんに代わって良かったですね。

ネットの声
ネットの声
こぶたぬきつねこ のゆういちろうお兄さん、きつねさんになってたね。よかったねぇ ねこのときのお兄さん、めっちゃ苦しそうだったもん なんで、まことお兄さんじゃないんだ!ってずっと思ってた。で、さすがのまことお兄さん。余裕があった(笑)

しかし、そのゆういちろうお兄さんの苦しそうな「にゃ~お」からの「おっしまい!」が好きだったと言う声もまた多く、それを惜しむ声が多数寄せられました。

ゆういちろうお兄さんの「ニャオ」がなくなってしまった

ゆういちろう猫の『にゃ…っおっ、ぅおっしまいっ!』から、まこと猫の高速腹筋に変わった部分に反応する方やはりいらっしゃいますよね」
「こぶたぬきつねこの配役変わってたー。まことお兄さんの余裕ねこ。
ゆういちろうお兄さんの余裕無しねこが好きだったんだけど。

「おかいつチラッとだけ見たけどまことが猫になってたね
最後に苦しそうなニャーオ聞けないの悲しい…相変わらずゆういちろうお兄さんはしんどそうやったけどw

「こぶたぬきつねこって腹筋ソングって言われてるの草
配役変わったから苦しそうな猫ちゃん聴けなくなったの寂しい…笑

「こぶたぬきつねこ 前はゆういちろうお兄さんが 最後に ツラそうに起きて おしまいっていうの 確かに可愛かったんだよなぁ笑

うさこ
うさこ
確かにね、ゆういちろうお兄さんの大変そうなのが笑えたんだよね(笑)

まとめ

『こぶたぬきつねこ』配役総入れ替えで、体操チームがセンターと言うポジションと、最後の猫をゆういちろうお兄さんからまことお兄さんにしたことにより、「おっしまい!」に余裕がありました。

しかし、前回の余裕のないゆういちろうお兄さんがかわいかったのに残念と言う声もありました。

いづれにせよ、この腹筋ソングと呼ばれている『こぶたぬきつねこ』、これからも代々このスタイルで受け継いでもらいたいですね。

「おっしまい!」

こちらの記事もおすすめ