トレンド

愛子様「ほくろ除去した」と言われる理由 そもそも皇族は整形できない⁈

12月1日に20歳の誕生日を迎えられた愛子様。

20歳になる愛子様の映像が各メディアで流されると、「お綺麗になられた」と国民からは歓喜の声が上がりました。

その声の中に、「ほくろ除去された」「歯列矯正された」と具体的にお顔の変化に気づいた人もいるようですが・・・画像を見ると、ほくろ除去していないように見えます。

一体なぜ「ほくろ除去された」と言う話になったのでしょうか?

そして、そもそも皇族の方ってそういうお顔をいじるようなことができるのでしょうか?

確認してみたいと思います。

愛子様はほくろ除去していないのに除去したと言われる理由

愛子様はほくろ除去はしていません。

5日、成年の祝賀行事が行われた際のティアラを身につけられた愛子様のお顔です↓

どこも除去されていませんよね・・・しっかりとほくろがあります。

しかしSNSでは「ほくろ除去されてる」と話題になっています。

「愛子様、歯列矯正とほくろ除去されてめちゃ綺麗になってて感動した、、、」

「愛子様きれいになったね。別人のような気がして、よく見たら歯が矯正されてたのと、黒子が除去されてた。今は普通にみんなしてることだからいいかな。自分に自信がつくし、矯正は若いうちにしたほうがいい。」

「2021年11月の愛子様は何故か八重歯もないし、ほくろも無いのね。歯は歯列矯正なさったのかしら?ほくろはレーザーで除去? それとも光の加減?」

一体なぜ「ほくろ除去されている」ことになってしまったのでしょう?

カメラの映り方でほくろが消える

原因の一つにカメラでの撮り方、映り方にあります。

下の愛子様の画像は、同じメディアの動画を切り取ったものです。

左の映像を見ると、ほくろが2か所しかないように見えますが、右の映像には左にはなかった箇所に、突然ほくろが現れたように見えます。

左のお顔は引きで映っていた映像のお顔の部分を切り取ったもので、右はカメラがずーっとよってアップになり、ピントが合った一瞬を切り取ったものです。

同じ場面で同じカメラで撮った映像でもピントの合い方や引きやズームの加減で、ほくろが消えたり、現れたりするのです。

こちらの映像では、実際あるほくろが見えない時間の方が長く、これをぱっと見た人は「ほくろ除去されたのね」と思ってしまうのも納得です。

実際左の映像では、ほくろが少なく見えましたから。

お化粧でほくろが薄くなり見えにくくなった

カメラの映り方以外にもほくろが見えにくくなった理由があります。

愛子様も大学生になられ、お化粧をなさるお歳になったのです。

こちらは、愛子様が学習院女子高等科に入学されたときのものです↓

やはりお化粧をされている時と比べるとほくろが見えやすいですね。

因みに私個人としては、ほくろはチャームポイントだと思っているので、自分のほくろを取ろうと思ったこともありませんし、愛子様が取った方がいいと考えたこともありません。

ほくろがあろうがなかろうが、それで綺麗さが変わるとは思えないのですが・・・人それぞれですかね。

愛子様 歯列矯正して綺麗に

愛子様はほくろは除去していませんが、歯列矯正はされたようです。

以前は前歯の横の側切歯が両方とも後ろに引っ込んでいましたが、今回綺麗に揃っていました。

ネットでもずっと「愛子様歯を矯正された方がいい」と言う声がありました。

それが今回綺麗に治っておられたので、「矯正されて良かった」と言うコメントが多く上がりました。

「愛子様見てるとお綺麗になられたと思うし、歯科矯正の大事さを再確認しました」

八重歯は日本では可愛いけど、海外ではあまりね…。これから海外へも行かれるだろうから、矯正されたんだよ思うわ。」

「なるほどー愛子様は歯の矯正をされたのか。歯並びって大事だとは思っていたけど、こんなに全体の印象をキレイにするものなのだな。

それと同時に、あっと言う間に歯列矯正されたと驚く声も・・・

「愛子様、歯列矯正してない?!いつの間に!!そして完了してるっぽいし!えーーどんな名医が手掛けたんだ…

「愛子様 いつ矯正したのてしょう?ワイヤー入れてる感じありませんでしたし、舌側?」

確かにワイヤーや金具を入れている愛子様のお姿は見ていませんが、考えてみたらここ2年弱、コロナ禍でマスク着用が当たり前でしたよね。

コロナ禍の間に、歯列矯正する人がすごく増えているのだとか・・・。

因みに歯を抜くような歯列矯正は2~3年かかるそうですが、そうでなければ数カ月で終わることもあるそうです。

また、今は昔と違い、歯の裏側に装置を付けたり、取り外しができるマウスピースもあるとのことです。

歯列矯正はアメリカ等諸外国では、常識、礼儀とされている国もあり、美容的なこと以外にも虫歯や歯周病予防、嚙み合わせを正しくすることによる体全体の健康のために、改善することが望ましいとされています。

「大人の歯が生え揃うのは18歳頃なので愛子様もタイミングを見て矯正されたのではないでしょうか。歯の健康の為にも一般家庭の子どもでもごく普通の処置です。」

「歯の矯正は目鼻を変えるような整形とは違い、身体を整えるために必要な施術と思います」

海外の人は歯並びをとても重要視します。特に八重歯は嫌われます。これからご公務に向けて治されたのでしょう。」

これから外国の方と関わる公務も出てくるかと思いますので、歯を綺麗に整えられて20歳を迎えられ、準備万端整いましたね!

スポンサーリンク

皇族は整形ができない⁈

ほくろ除去されたのではないか?と言う話の中で、「そもそも皇族は美容整形をしてはいけないことになっている」と言う話が出てきました。

皇族の方は美容のための医療行為はしてはいけないことになっていると聞いたことがあります。白髪染めもダメですし、美容整形もしたらダメだと聞いたことがあります。」

基本皇族の方は整形の類はしてはいけないことになってますよ。本人たちは神の一族らしいので生まれてきた容姿をいじるのはタブーなんだとか。白髪なども染めないのもそのためです。」

なるほど、神の一族とされていた人達だからこそ、持って生れたものを変えることは基本的にしないと言う考えがあるのかもしれませんね。

しかし、白髪染めをしてはいけないと言うのはないと思います。

実際秋篠宮様は何年か前まで真っ白の白髪でしたが、黒髪に染められましたよね。

雅子様や紀子様も染められていると言う話があるので、「皇族は白髪染めをしない」と言うのはただの噂のようです。

ただ整形は親に貰った大事な顔を変えると言うことになるので、遺伝子を否定するような行為として、余り好ましくないこととされているかもしれませんね。

ただ、憲法や法律で決まっている訳ではないので、絶対ダメかと言われると、個人の判断と言うことになるかもしれません。

まとめ

20歳になられた愛子様。

歯列矯正されて笑顔がステキになられました。

ほくろ除去されたと勘違いしている人も多いのですが、カメラの撮り方やお化粧等で見えにくくなっていた為、勘違いしたようです。

皇族は整形してはけないと言う憲法や法律はないのですが、余りいい行為とはされていないようです。

また、「白髪染めも禁止されている」と言う噂もあるようですが、秋篠宮様が白髪染めをされているはっきりした画像がある為、そのような決まりはないようです。

こちらの記事もおすすめ