教育

息子が4歳ですべての国の位置が分かるようになった4つのステップとは

地球儀

我が家の長男うさお君は4歳ですべての国の名前と位置を覚えてしまいました。

これは、私が必死に教えたとかそういうのではなく、自分で遊びながら覚えてしまいました。

実は私は地理が苦手で、お恥ずかしい話ですが、日本の都道府県の位置すらどこに何があるのか分からないくらいです。

ところがうさお君は都道府県どころか、世界地図を4歳にしてマスターしてしまいました。

どうやって覚えていったのか紹介したいと思います。

4歳の子がどうやって世界地図を覚えたか


ステップ1 日本地図、世界地図を壁に貼る

我が家では「〇〇ってどこ?」と聞かれたときの為に、うさお君が0歳のときから日本地図と世界地図を壁に貼っていました。

絵本を読んでいて、例えば、「イギリス」と出てきたら、「イギリスってどこだろうね?」と言って地図のところに行き、「ここだよ」と教えたり、
旅行に行ったときは日本地図を見ながら「ここに行って来たんだよ」と説明して、なるべく地理に興味を持つよう仕向けていました。

世界地図には国旗の一覧が載っているものを貼っていたので、うさお君はよくその国旗を一人で眺めていました。

ステップ2 カルタで県名や国名が定着

次に2歳~3歳にかけて、ダイソーの100円ショップに売っている都道府県カルタと国旗カルタを買ってあげました。

これで、都道府県の名前はすべて覚え、国旗カルタに出てくる国の名前も覚えてしまいました。

このカルタのいいところは、その都道府県の代表的な名物や名産、山や川、などが都道府県名とセットにして覚えられるというところです。

例えば、「四万十川は きれいな清流 高知県」という読み札になっているので、
テレビで四万十川が出て来たとき、うさお君はすかさず「ここ高知県?」と聞いてきました。

四万十川=高知県 というのが4歳で分かるというのが、地理が苦手な私には素直にすごいなと思います。

100円でこれだけのことを覚えてくれるのなら、本当にお得です!

やってくれればラッキーくらいで、まず試しに買ってあげてみてください。

絶対おすすめです! なんといっても100円ですから!

ステップ3 パズルで形や位置を覚えた

くもんで出している日本地図パズル をうさお君が3歳のとき、おばあちゃまからプレゼントでいただいたんです。

対象年齢5歳からとなっていますが、できるかしら?とやらせてみたら、これが大当たりで、はまりにはまったうさお君。

毎日毎日パズルをしている内に、都道府県の位置はもちろんのこと、都道府県の漢字も読めるようになり、さらに形を見ただけで何県か即座に分かるようになったのです。

これは何もうさお君に限ってのことではありません。

おばあちゃまは他の孫にも同じものをプレゼントしていましたが、その子も形だけで何県か分かるようになったと言っていました。

子供の遊びに対する集中力って凄いんですよね。

もうこの時点で私の知識は追い越されてしまいました。

そしてこれはいいものだからと、今度は実家の祖母に、同じくもんのシリーズの世界地図パズルをおねだり。

これで国の位置もすべて覚えてしまいました。

ステップ4 しゃべる地球儀で完璧に

パズルで成果を出していると言うのを聞いたおばあちゃまは、今度はうさお君の4歳の誕生日に、しゃべる地球儀を買ってくれました。

パーフェクトグローブ Neo Visionと言う商品でかなり高額ですが、
とにかくこれ、すごいです。(2018年9月23日現在完売しているようです。)

地球儀上の地図を付属のペンでタッチすると国の名前を音声で教えてくれます。

その他、人口や広さを教えてくれたり、国家なんかも流れちゃったりするんです。

で、地球儀の下についている液晶画面には国旗が表示されるので、国旗も覚えちゃうんです。

それから日本地図もついていて、県をタッチすると同じようにいろいろなことを教えてくれます。

うさお君はこの地球儀のクイズにはまって、「〇〇の国はどこですか?」と言う問いに地球儀をガーと回して、ピタッと瞬時にタッチします。

クイズは時間内に何問正解できるかと言うものですから、うさお君も何問答えられるか日々記録に挑戦で、なるべく早く答えようと必死です。

また、このクイズ、都市と国をミックスした問題もあるので、聞いたこともないよな世界の都市名まで覚えていたりして、
もう本当にうさお君にはかないません。

この商品は絶対絶対おすすめです!

高いですが、普通の地球儀を買っても、見るのは最初だけで放置されてしまうだろうから・・・と奮発してくれた義母に感謝感謝です。

まとめ


ステップ1 地図
ステップ2 カルタ
ステップ3 パズル
ステップ4 地球儀

という順番でうさお君は世界地図をマスターしてしまった訳ですが、
これがいきなり地球儀だと、難しすぎて興味が湧かなかったと思います。

前段階があって、多少の知識があることで、「あっ、カルタで覚えた〇〇県だ。こんなところにあって、こんな形なんだ。」と言うように興味が持てたのかもしれません。

とにかく我が家はこのステップで楽しく遊びながら覚えることができたので、これらのおもちゃ達に感謝、そして買ってくれた義母、実母に感謝です。

もし地図に興味が持てるか分からないと言う方は、まず壁に地図を貼るところから初めてみてください。

そして、事あるごとに「あ、〇〇国ってここにあるんだね。」と子供に楽しく語りかけるところから初めてみてください。