フィギュアスケート

『アイスリンク仙台』に遊びに行ったら、練習中の羽生結弦君が!

スケート場

羽生結弦選手がシニアに上がって、確か1年目くらいでしたから、今から8年前くらいのことでしょうか。

東京から実家のある仙台に帰省していた時、妹と何気なく「スケートでもしに行こうか」と言うことになり、当時の羽生君のホームリンクであった『アイスリンク仙台』へ遊びに行った時の話です。

アイスリンク仙台へ行ったときのこと

私はフィギュアスケートが大好きですが、見る専門で、自分で滑ることはまったくできません。

アイスリンク仙台が出来たのは私が小学生のときで、当時は物珍しくて、何度か滑りに行ったのを懐かしく思い出しながら、妹とスケートを楽しんでいました。

こちらのスケート場では一般開放されているときも、リンクの外回りを一般の人が滑り、内側はフィギュアスケートの生徒さんたちが練習に使っています。

特にそのような決まりがあるわけではないと思いますが、何となく、うまい人は内側、素人は外側、みたいに自然に別れているんですね。

同じリンクに羽生君が~!

そんな感じでちょっと滑っていましたら、あれ?あれれれれ?「ちょっと、あれ、羽生君じゃない?」

ぎゃ~!!!!!何と羽生君がこんな一般客に交じって練習してる~!!!

当時ジュニアの世界選手権で優勝し、シニアに上がって間もない頃で、高橋大輔さん、織田信成さん、小塚崇彦さんに次いで4番手が彼のポジションでした。

しかし、既に世界ジュニアで優勝していましたし、メディアにも取り上げられ、次世代の有望選手でしたので、私や妹にとっては、もう既にフィギュア界のスターと言える存在でした。

二人共大興奮でしたが、周りがあまりにも無反応で、チラ見しているのは私たち姉妹だけ。

何で?皆気づいてないの?

もしかして羽生君を知らないの?

それともこういう時は見て見ぬふりをするのがマナーってこと?

握手したい!いやいや、ダメでしょ!今練習中なんだから!マナー違反よ!

じゃあ、サイン。!もっとダメでしょ!

と心の中で葛藤が・・・

そうこうしている内にJAPANと書いてある上着を脱いで、無造作にリンクの脇に。

JAPANのジャンパーがあんなところに~!!!

「ちょっとだけ触ってこようよ~」

「いやいや、ダメでしょ。」

なんて隅の方で妹とごちゃごちゃやっていましたら、羽生君ジャンプの練習を始めました。

当時まだ4回転は跳んでおらず、トリプルアクセルを一生懸命練習していました。

すごい!テレビで見るやつだ!

これはもう撮るしかないでしょ!

と言うことで、あからさまにカメラを向けるのは羽生君の気が散るといけないと思い、妹と写真を取り合っている感じを装い、ピースなんかをしてる私のバックで、羽生君がトリプルアクセルを跳ぶ動画をおさめることに成功!

帰って妹と「凄いね、凄いね」と言いながら何度も再生を繰り返しました(笑)。

それにしても私たち以外の誰も気づいている様子がなかったのに驚きでした。

今羽生君が一般開放日に、仙台のリンクで滑っていようものなら、大変な騒ぎになることでしょう。

もはや彼を知らない日本国民はいないでしょうからね・・・

普段の羽生君はやさしいお兄ちゃんという感じ

一般開放の最中に行っている練習でしたので、ちょっとラフな感じで、生徒同士ちょくちょくおしゃべりしたりしていました。

当時羽生君は高校生で、あとの生徒さんたちは皆小学生くらいの子たちでした。

ピョコっと背の高い羽生君の周りに子供たちが集まって、人気者のやさしいお兄ちゃんという感じでした。

側にいた女の子の頭をぽんぽんしてあげたりなんかして、もうほっこりしちゃいました。

まとめ

羽生君がまだ日本で練習をしていた頃、ホームリンクだった『アイスリンク仙台』に妹と遊びに行ったら、なんと羽生君が同じリンクで練習を!

今の羽生君はビックになりすぎて、一般開放日に練習なんてことはできない存在になってしまいましたね。

今では絶対にできない過去の貴重な体験でした。

羽生君のこれからの活躍も本当に楽しみですね。

今シーズンからルール改正もあり、その中でどんな演技を見せてくれるのか。

これからも目が離せないですね。

さあ、今シーズンも張り切って応援だ~!