失敗談

タクシーで忘れ物 タクシー会社が分からないとき早く見つける方法

タクシー

子連れでお出かけをすると、子供に気を取られてつい忘れものをしてしまうと言ったことは皆さん経験があるかと思います。

私もつい先日、子供2人を連れて、帰省先の仙台で、
タクシーの中にうっかり忘れものをしてしまいました。

子供のリュックサックだったのですが、
失くしてみて初めて分かる物への愛着といいましょうか・・・
新しいのを買えばいいんじゃない?という単純なことではないんですよね。

そのリュックにも、中に入っている物にもそれぞれ思い入れがあります。
子供が初めて自分で選んだお気に入りのリックサック。
その中には義母が買ってくれたかわいい帽子。
子供が大好きな新幹線がついている水筒。
実家で遊ぼうと思って入れていた、
おばあちゃんから貰った百人一首。
どれもこれも他に代えがたい物ばかりです。

これは何としても見つけなければ・・・と思いましたが、
タクシーの領収書がありません。

そして、タクシーの名前もまったく分かりません。

仙台市内を走っているタクシー会社にしらみつぶしに電話をしようとしましたが、
16件もあり、途方に暮れました。

そこで、別の手段をとり、無事見つかったのですが、
その時のことを記事にしてみました。

タクシー会社が分からない場合


1、各都道府県のタクシー協会に電話をかけます

タクシー会社が数件でしたら、しらみつぶしでいいでしょうが、
多いと無理ですよね・・・

そこで、タクシー会社を束ねている、タクシー協会にかけてしまいます。

(仙台だとこちら)
宮城県タクシー協会 仙台地区総支部
仙台市内忘れ物問い合わせ:022-256-7171

今のところ届いていないので、届いたら電話しますとのことでした。
(電話の際伝える内容)
・乗車、降車した場所
・日時
・無くした物の特徴
・連絡先

2、個人タクシー組合に電話をする

上記のタクシー協会に電話をかけたところ、
個人タクシーだと、タクシー協会には所属していない為、
「個人タクシー組合」の方にも連絡を入れるといいことを教えてもらいます。

各都道府県のタクシー協会の方で、個人タクシー組合の電話番号が分かるので、
必ず聞くようにしてください。
複数ある場合もあるので、すべての連絡先を聞いてください。

(仙台は2か所ありました)
仙台個人タクシー事業協同組合
022-251-2151
日個連仙台個人タクシー協会
022-301-7008

3、乗ったところが駅などの場合は、現場へ行ってアピール

個人タクシー組合に電話をかけた際、駅から乗ったことを伝えると、
現場へ行って、待っているタクシーの運転手さんに声をかけておくと、
横のつながりで見つかる場合もあるということを教えてもらいました。

そこで、乗車した駅へ行って、待っているタクシーの運転手さん一人に事情を説明し、
その場でウロウロしていたら、その運転手さんが気の毒に思って、
他の運転手さんたちにどんどん声をかけてくれました。

すると別の運転手さんも「見つかったら連絡するので、連絡先を書いてください。」
と言ってきてくれたので、そちらにも連絡先を教えておきました。

4、警察署へ遺失届出書を提出する

次の日、夕方まで連絡がなかった為、警察にも届出を出しに行ってきました。

本人の思い違いで、タクシー以外の所にある場合もあるので、
念のため、警察署の方にも『遺失届出書』を出しておきましょう。

これで一通りやることはやりました。
後は連絡が来るのを願うばかりです。

現場でのアピールが早く見つかるポイントに


さらに次の日の朝、ついに待っていた電話が鳴りました!

ありました!
良かった!

聞いたところによると、名前が書いてあったので、住所を調べたらいいか、
タクシー協会の方に持って行こうか迷っていたところ、
「すごい探してたよ」と言う噂が舞い込んで、
その連絡先を聞いて電話したとのことでした。

もしあの現場でのアピールがなかったら、
何日間かそのタクシー会社の方にあって、
その後、やっとタクシー協会に着いて、初めて連絡が来るというパターンだったのでしょうが、
東京に帰る前に手元に帰ってきたので、本当に良かったです。

子供ももう失くさないとばかりに、暫くずっとリュックサックを抱きしめていました。

タクシーに乗るときに気をつけること


領収書(レシート)は必ずもらう。
タクシーは「領収書ください」と言わないとレシートを出してくれないので、
運転手さんに必ずお願いしてください。

領収書さえもらっていれば、そちらにタクシー会社の連絡先がばっちり書いてありますから、
そこだけに連絡しておけば済んだ話ですよね。

今回のことは本当に教訓になりました。

まとめ


タクシーで忘れ物をしたときは
・領収書があったら、タクシー会社へ電話する。
・タクシー会社が分からない時は、タクシー協会、個人タクシー組合、に連絡。
・警察署に『遺失届出書』を出しておく。
・すごく探していることをアピールして、拡散してもらう。

今までも子供を連れて出かけている時、物を忘れそうになったことは何度もあったのですが、
すぐ気づいて戻るなどして、未遂に終わっていたので、
余り「忘れないようにしなきゃ」という意識がありませんでした。

今回の経験で、普段何気なく使っている、他人にとって価値のないものでも、
自分にとってはとても大事で、愛着があるのだということが分かりました。

貴重品じゃないから失くしても平気ということにはならないものですね。

子供の手を引きながらも、自分がいくつの荷物を持っているのか、
常に確認しながら行動するよう心がけようと思いました。

皆さんも、特に子供との外出時には気をつけてくださいね。