子供のこと

男の子の『かわいい』ところ あなたもきっと男の子が欲しくなる!

男の子と空

母親にとって、異性である男の子は「かわいい」とよく聞きますが、
具体的にどんなところがかわいいのでしょう。

それぞれ個性があり、性格が違うので一概には言えませんが、
我が家の場合や、周りの人から聞いた話など、まとめてみました。

男の子のメロメロポイント


1、「ママきれい」でメロメロ

私もそうでしたが、女の子が母親の容姿に対して褒めたりしているのは
余り聞いたことがありません。

ところが男の子はこっちが赤面してしまうくらい褒めてくれます。

結婚した頃は旦那さんもいろいろ褒めてくれたでしょうが、
今では女として見られているかどうか・・・というところに、
「ママきれい♡」とか「ママかわいいね♡」とか言ってくれるんですよ。

それも、髪を切ったときや、新しい服を着た時、ちょっとおしゃれをした時など、
しっかりポイントをおさえて言ってきます。

本当は旦那さんに言って欲しいところですが、
男の子がいれば、ちゃんと褒めてくれます(笑)。

あんなに小さい頃から、女性を喜ばせる手段を男の子は持って産まれてくるのでしょうか・・・

女の子はどうしても母親とは女性同士なので、ライバル関係になり、
母親を褒めると自分が負けたような感じに思えるのでしょうか・・・謎です・・・。

2、「ママ大好き♡」でメロメロ

「ママ大好き」は女の子も言っているのを聞きますが、
男の子の方が期間が長く、言う頻度も高いです。

知育教室の先生がおっしゃっていましたが、
「男の子はママが大好きなので、ママが喜ぶことをどんどんやってくれますが、
女の子はそうはいかないのでなかなか難しいです。」
とのことでした。

『ママ大好き度』は男の子の方が上のようです。

3、ママ離れが遅くてメロメロ

うさお君が産まれたとき、小学生の子を持つママからこう言われました。
「男の子はあと12年はかわいいわよ。」と・・・。

なんでも、女の子は精神年齢が高く、母親離れが早いので、
学校の授業参観に行っても「あ~来たの・・・」と言う感じだそうですが、
男の子は小学6年生でも「ママ~」と言って手を振ってくれるのだそうです。

確かに幼稚園でもママにべったりしているのは男の子で、
女の子は幼稚園の玄関のところで「ママ来なくていいよ。じゃあね~」と
いった感じです。

早く自立してくれるのは楽で育てやすいですが、
余り早く離れられるのもちょっと淋しい気もしますね・・・。

4、単純でメロメロ

女の子は思考の発達が早いので、口が達者で、時に母親が言い負けることがあるそうです。

一言いうと、二言も三言も返ってくる感じだそうです。

ところが男の子は思考が単純で素直です。

例えば、男の子に「早く寝ないと背が伸びないぞ。」と言うと、
「うん、分かった!早く寝る!」と簡単です。
ところが同年齢の女の子に同じことを言うと、
「別に伸びなくていい。」と言われてしまうのだそうです。

男の子は幼稚園くらいでは「口ごたえ」をするほどの思考回路がないので、
他所の女の子がママに向かって「あ~だこ~だ」言っているのを聞くと、
凄く生意気に聞こえてしまいます。
が、時期が違うだけで、いずれは男の子もそういった時期がやってきますので、
女の子が生意気という訳ではないのですけどね・・・。

まとめ


我が家は上が男の子(4歳)で下が女の子(10カ月)と男女それぞれ授かりました。

下の女の子がまだ赤ちゃんですので、
男女の違いというのはまだ実感できませんが、
私の周りでは、「男の子ってかわいいよね~」と言う声の方が多いように感じます。

ただ、それぞれの性格もありますし、
そして何より我が子はどちらであろうとかわいいものです。

近年は「女の子が欲しい」というママが多いようですから、
男の子の良さも知ってもらえたら嬉しいです。