子育て

練馬みずほ幼稚園のプレスクール「キッズクラブ」入園希望者は入会した方が有利?

我が家のうさみちゃんもあっと言う間に幼稚園のプレスクールに通う年齢になりました。

練馬区にある『みずほ幼稚園』は教育熱心で、落ち着いた雰囲気の保護者が多く、こちらの幼稚園のプレスクールに通ってみることにしました。

うさみちゃん入会時の情報なので今後変わることがあるかもしれませんが、下の学年の入園希望者のママさんからいろいろ聞かれることが多かったので、参考になさってください。

みずほキッズクラブとは

みずほ幼稚園の入園前のプレスクールは『キッズクラブ』と言います。
こちらに入会しているといろいろ有利になることがあるので、入園希望者は入会する人が多いです。

対象者

・次年度、3年保育で幼稚園入園の学年に産まれているお子様。

・次年度みずほ幼稚園に入園を希望しているお子様。
(キッズクラブ入会時と状況や気持ちが変わる場合もあるので、必ず入園しなければならないと言う訳ではないです。キッズクラブに入会していても、結果的に他の幼稚園に入園している方もいます。)

日時

全11回(4月~9月)

全体を3クラスに分けられます。
A組 9:30~10:20
B組 10:30~11:20
C組 11:30~12:20
(クラスわけは幼稚園側が決めて、後日知らせが来ます。)

内容

曜日は決められておらず、日程については上記のようなプリントが配られるので、そちらで確認してください。

いろいろなイベントの他、先生と製作をしたり、手遊びやダンスをしたりします。

基本的に母子一緒に行いますので、母子分離ができなくても問題ありません。

金額

入会金 20,000円
年会費 20,000円
教材費 2,900円
合計 42,900円
(次年度入園が決まったときは、入会金20,000円は入園料の一部になります。)

キッズクラブの特典

次年度みずほ幼稚園園児募集時の推薦書が貰えます
しかし、全11回の内、4回以上欠席した人は推薦書がもらえません。
また、子供の様子によって推薦書が貰えない場合もあるようですが、よっぽどのことがなければ大丈夫だと思います。

この推薦書を貰っている人は、入園の考査のとき一般の人たちと分けられて行われます。
キッズクラブ枠だと面接が集団で行われ、質問の内容も一般的な簡単なものです。
一般枠だと面接も一人ずつで、結構突っ込まれた質問をされるようです(両枠経験のママ友からの情報)。

因みにキッズクラブ枠で受けたうさみちゃんの時の質問は「お子様の長所(短所)は何ですか?」のみでした。
他のママが一般枠で受けたときの質問は「お子様がどんな風に育ってほしいと思っていますか?」という質問に対して、理想的なことを適当に語ったところ、「その為に今していることは何ですか?」と突っ込まれて黙ってしまったとのことでした。

キッズクラブの面接・考査

キッズクラブに入会するには、親子による面接と考査(集団遊び)があります。

定員が60名なので、この考査の合格者がその人数を上回った時は、合格者の中から抽選となります。

考査は親と同じ部屋に入って、親は椅子に座り、子供は置いてあるおもちゃや絵本で遊ぶと言うものでした。
それを先生が一緒に遊んでくれたり、声をかけたりして様子を見るというものです。

面接は何人か一緒の集団で行われ、簡単なものでした。

ただ、このキッズクラブの考査で私が驚いたことがあります。
それは服装です。

私は上の子が小学校受験をしていましたから、紺のお受験スーツを持っていました。
プレスクールの面接でお受験スーツは大袈裟かな・・・と思いましたが、持っている他のスーツはもう何年も袖を通していませんでしたから、お受験スーツを着ていきました。
そして子供には、この面接の為に服を買うのももったいなかったので、持っている普段着使いの紺のワンピースに、白のカーディガンを重ねて着せたらそれなりに見えたので、それで出かけました。

しかし、会場について皆さんの服装を見てビックリ!
親はリクルートスーツとかではなく、ほぼ紺のお受験スーツ
お子さんは、買うのがもったいないと横着した我が家とは違い、男女とも紺や灰色のスーツやワンピースをばっちり買い揃えてビシッと決めてきています。

私は上に子供がいた為、たまたま持っていたお受験スーツを着て行きましたが、もし上に子供がいなかったら「お受験スーツ」なるものの存在すら知らなかったと思います。
「皆紺色だけど、今年は紺色のスーツが流行りなのかな・・・」なんて首を傾げて帰って来るくらいだと思います(笑)。

みずほ幼稚園は隣接している学芸大学附属大泉小学校をお受験する子が多いと聞きますが、皆さんそれなりにお受験が前提で入園されるのかな・・・と驚いてしまいました。

因みに数名普段着で来ていた保護者の方もいらっしゃいましたが、全員合格していますので、服装で合否が決まることはないと思います。
が、少なくともスーツで行った方が無難だとは思います。

それにしても、幼稚園の面接ならまだしも、ただのプレスクールの面接でこれとは・・・
とにかく入園者の真剣さ、意識の高さが感じられました。

10月からはキッズクラブ セカンド・ステップ

キッズクラブは9月で終了しますが、11月の幼稚園入園の考査を経て、入園が決まった子のみ、10月から新たに『キッズクラブ セカンド・ステップ』というものに入会することができます(入会しなくてもOK)。

回数は全部で5回(1回40分)
会費は10,000円

セカンド・ステップは母子別室で行われます。

子供は、行ったらすぐ先生に引き渡し、先生と製作や外遊びをします。
その間親は別室で交流会のようなことをします。

このセカンド・ステップは、キッズクラブに行っていなかったママ達もお友達ができれば・・・と言うコンセプトで作られたそうです。
しかし人付き合いが苦手だったり、人前で話すのが苦手だったりするママさんには、少し疲れる会のようです。

私自信はサークルみたいで楽しかったですよ。
お友達もできましたし。

子供はと言うと、普段母子分離の経験がなかった子供さんは・・・想像できると思いますが、泣き叫んでママをつかんで離さないと言う状況ですが、引き離されてママの顔が見えなくなると、とたんに諦めて泣き止みます(笑)。
そんなもんです(笑)。

どうせ幼稚園に入園すればママがついて行く訳には行かないので、慣れていない子ほど練習になっていいかと思います。
時間も短いですしね。

因みに我が家のうさみちゃんは「バイバ~イ。」とにこにこ手を振ってお別れ。
親としてはもう少し別れを惜しんでくれても・・・と思う程あっさりと・・・下の子ってこういう子が多いんですよね・・・(汗)。

近年は抽選なし 入園できるチャンス!

かつてみずほ幼稚園は、このキッズクラブに入会していなければ、幼稚園の入園は難しいと言う程人気のある幼稚園でした。

そんなこともあり、みずほ幼稚園入園希望者のキッズクラブの入会は必須でした。

実際4歳年上の長男うさお君の代では、このキッズクラブの抽選で外れてしまい、幼稚園の入園そのものをこの時点で諦めて、他の幼稚園に切り替えたりする人もいました。
しかし、近年はこども園に認定されている幼稚園の人気が高まり、かつて人気だったみずほ幼稚園も定員割れをしているようで、キッズクラブの抽選もない年が続いているようです。

みずほ幼稚園と言うと「人気なんでしょ~?」と言うママさんが多いですが、今でしたらキッズクラブの抽選もありませんし、必ずしもキッズクラブに入会して推薦書をもらわなくても入園することができます。

人気があるから競争率が高そう・・・
キッズクラブに入ってないから入園できないと思って・・・
と言う理由で他の幼稚園を選んだママさんが実際何人かいらっしゃいますが、実は今はスルッと入れるんです。

みずほ幼稚園、気になっている方は入園できるチャンスですよ!